• Facebook
  • Twitter
  • Instagram

03-3839-5659

©2019 by KIRIE BIJOU. Proudly created with ExcellentGem

切、箔、塗。和の工芸宝飾

今までにない、新しいジュエリー KIRIE BIJOU(キリエビジュー)

切り絵と金箔と黒漆で製作した和の工芸宝飾ピアスは、

切り絵職人が真心こめて一つずつ丁寧に手作業で作っています。 

 

KIRIE BIJOU について

KIRIE BIJOU(キリエ ビジュー)ピアスは、切絵、漆塗り、箔塗りの伝統工芸技術を兼ね揃えた工芸宝飾。

切り絵職人による大胆なデザインが風に靡き、軽やかさと気品のある金箔の輝きで、貴方のファッションを飾ります。

黒漆は丹念に重ね塗りをし、漆特有の艶やかさを表現。二重構造で光と影が表現された唯一無二のジュエリーです。

​(※特許出願中(特願2019-9249))

全12種類の中からお好きなデザインをお選びください。

KB-100011_6.jpg

切絵はシンプルでありながら奥深く、伝統技術でありながらモダンな雰囲気を持ち、繊細でありながら大変力強い存在感を放つ、とても魅力的な世界です。

切絵の魅力の一つに、光との相性の良さがあります。

光を通して切絵を見た時に、今まで主役であった輪郭線が影となり、空白の部分がその役割を受け継ぐ。光も影も主役なのです。

切り絵

金箔の魅力の一つとして、24金の輝きをそのままにコーティングすることができる、という点があります。

金の重厚感はそのままに、とても軽やかに、長時間身につけていても一切負担にならない、そして、金の輝きは、いつの時代も多くの人が虜になる世界。

その輝きを、いくつもの工芸技術を組み合わせ、より安価に多くの人たちにお届け出来るようになるのも、金箔の良さでもあります。

​金箔

そして、その金箔と一番相性が合うのは、やはり本漆です。

漆、その歴史は1万年前にまで遡ります。

いまだに親しまれ物作りに取り入れられていることから、もちの良さや仕上がりの美しさは、普遍的に人々を魅了する世界であると言えます。

黒漆は丹念に重ね塗りをし、漆特有の艶やかさを表現しました。

漆塗

着物とは、『着るもの』という意味を持ち、単なる“服”という意味の言葉。

着物は、和服とも言います。『和』の『服』つまり日本の服。
すなわち、日本固有の衣装であり、民族衣装とされています。

その着物の中には日本人独特の美意識から醸成された美しい文化が凝縮されています。

​kimono

ジュエリーとは、金銀、プラチナなどの貴金属、天然の宝石など、希少価値の高い素材を使用した装身具のことを指します。
そして、私たちが考える最も大事なことは、身に纏った時の満足感を得られなければならないということです。
高揚感に浸った時の特別な時間、場所、そして、その機会を与えてくれたものへの感謝。
外見だけでなく、内に秘められた綺麗な心を魅せることをお手伝いできると、自信をもってお勧めいたします。

Jewelry

KIRIE BIJOU 製作者

ここからはじまる工芸宝飾の楽しさ

KIRIE BIJOUは令和元年に発表、スタッフの才能と情熱を基盤として成長してまいります。そして、スタッフ一人ひとりがすべてのお客様にご満足いただけるよう全力を尽くしております。詳細について、何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

KB-100003_6.jpg

製作者 TAKAKO

デザイナー

製作者のTAKAKOです。

私が一つ一つ丹念に作った「工芸宝飾」という新しいジュエリーをお愉しみください。

紙で作っていますので、装着していることさえ忘れてしまう軽やかさが特徴です。

お体に負担をかけずにファッションが楽しめる、そして、和、洋問わずコーディネイトすることができます。


紙という繊細な素材を守るため、和の技術「金箔」と「黒漆塗」を施しました。

素材の強度を保つことと同時に、貴金属とも異なる輝き、外観を実現することができました。

素敵なあなたに他に類を見ない、新しいカタチのジュエリーをお届けいたします。 

 

​楳若 倭文

プロデューサー

唯一無二のジュエリー「KIRIE BIJOU(キリエビジュー)」は、装着してその素晴らしさが実感できます。

ジュエリー業界に精通した私が衝撃を受けたKIRIE BIJOUのデザインと装着感を、一度ご体験ください。目から鱗とはまさにこのことではないでしょうか。

 商品に関して実際に手にしたい方は、東京御徒町にてショーウィンドウもご用意しています。お気軽にお越しください。 どうぞよろしくお願い致します。

KIRIE BIJOUは、令和元年に誕生しました。令和という元号は万葉集から引用したもの。KIRIE BIJOUも新しい時代に生まれた工芸宝飾として、万葉集に登場するお花から名付けられました。全12種類からお愉しみください。

梅(うめ)
春さればまづ咲くやどの梅の花独り見つつや春日暮らさむ
桜(さくら)
見渡せば 春日の野辺に 霞立ち 
咲きにほへるは 桜花かも
朝貌(あさかほ)
萩の花尾花葛花なでしこの花をみなへしまた藤袴朝貌の花
月草(つきくさ)
月草のうつろひやすく思へかも我が思ふ人の言も告げ来ぬ
須美礼(すみれ)
春の野にすみれ摘みにと来し我れぞ野をなつかしみ一夜寝にける
橘(たちばな)
橘の蔭踏む道の八衢に物をぞ思ふ妹に逢はずして
垣播(かきつばた)
常ならぬ人国山の秋津野のかきつはたをし夢に見しかも
梓(あづさ)
梓弓引かばまにまに寄らめども後の心を知りかてぬかも
紅(くれない)
紅の深染めの衣下に着て上に取り着ば言なさむかも
茜(あかね)
あかねさす日は照らせれどぬばたまの夜渡る月の隠らく惜しも
菖蒲草(あやめくさ)
霍公鳥いとふ時なしあやめぐさかづらにせむ日こゆ鳴き渡れ
思草(おもひくさ)
道の辺の尾花が下の思ひ草今さらさらに何をか思はむ
Show More
 

お問い合わせ

〒110-0005 

東京都台東区上野5丁目15−17 東和ビル7F

03-3839-5659

 

こちらでもご購入いただけます。

Amazon-logo-RGB.png
shopping_r_34_2x.png
base_logo.png